裸足で走るのが流行ってるけど、結局どうなの?

f:id:yamasoucup22:20161022054128p:plain


最近は「裸足ランニング」ブームですね!
ブームなんでこんなサイトもあります

日本ベアフット・ランニング協会

なぜ裸足ランニングブームなのかというと、ランニングシューズを履いてる方が怪我するリスクあがるから。

どうゆうことかというと、ランニングシューズはクッション性があるため、着地したときに衝撃が軽減される。軽減されるということは、足の筋肉を使えない部分がたくさんあり、結果的にランニングシューズで走った方が怪我がしにくいとのこと。


でも、科学的にはどうなのよ!!
ってことで調べてみました。

まだはっきり分かっていない

スポーツシューズを研究しているクレイグ・リチャーズは、2009年の論文のなかで、ランニングシューズがケガを低減させるという明確な証拠ないと言っています。

「このランニングシューズがケガを低減させる!」みたいな宣伝がよくあるが科学的には、裸足で走るのとランニングシューズで走るのどっちがいいかは科学的な証拠はまだない。

なぜ、裸足が良いとなったか

スポーツシューズを研究しているクレイグ・リチャーズは、アメリカ人とケニア人のランナーを比較した研究をしました。

その結果わかったことは、2つあります。
1つめは裸足のランナーは足裏の中央または前方で着地し、ランニングシューズを履いたランナーはかかとで着地する傾向があること。2つめは着地時に足にかかる負担は、裸足よりもシューズのほうが約3倍大きいということ

この結果を見て、シューズより裸足の方がええやん!!って広まっていきました。

しかし、リチャーズはケガの発生率との直接的な関係は調べていないため、一概にも裸足が良いとは限らないと言っています。

まとめ

裸足ランとケガの低減を関連づける証拠はまだ得られていない。

でも、裸足ランが健康だという意見もあるので、あなたの体で研究することをオススメします。
だから芝生で5分とか軽く走ってみるのもいいかもしれません。

広告を非表示にする