『ウィルパワーダイエット』DaiGo


本書はダイエットを続けるための方法を、心理学のさまざまな法則と技術をもとに徹底的に解説。
二度とリバウンドすることのない、人生最後のダイエット法を伝授した一冊です。 Amazonより

世の中には色々なダイエット本は出版しているが、どれも続けられないで終わったのが、大半ではないだろうか?
どんだけ自分に合っているダイエット法でも続けられないと意味がないから、どれだけ継続的にそのダイエット法が出来るのかか重要である。

その方法は本書で色々と書いてありますが、
今回は、本書から「体重計に乗らない」というダイエット法を3ステップでご紹介します。



① 体重が軽いだけが、いいのではない。注目すべきは筋肉。

体重が軽くても、筋肉がなくて脂肪が多い、いわゆる「隠れ肥満」もいます。対して筋肉量が多いため体重はは重いけれど脂肪が少ない人もいます。
体重は軽いけれどお腹がぽっこり出ている体型と、体重は重いけれど引き締まった体型と、どちらが美しく健康的なのかは、言うまでもありません

特に女性は、体重が軽い重いだけで判断しがちな人が多い。
筋肉をあげれば、基礎代謝量が増えるから体重が増えても
結果的によいスタイルになることが出来るぜ!

② 体脂肪率は測るのが難しい。

メーカーでは「毎日決まった時間に計ること」をすすめています。それでもトイレに行ったか、その日の体調などによって体脂肪率が変わってしまう。

体脂肪率を正確に測るには家庭用のヘルスメーターでは無理ということですね。

③ 体重計には乗らない

「1%減った!」「2%増えた!」と一喜一憂するのは、はっきりいって無駄なのです

誤差が大きいヘルスメーターで毎日測っても
「昨日あんだけ頑張ったのに」
「あれ?昨日けっこう食べたのに大丈夫だ」
っと色々考えるのは時間の無駄だな

まとめ・感想・書評

体脂肪計って誤差があるの知らなかった。
まぁそんな簡単に測れないよな〜。

目次

序 ダイエットした人の9割はむしろ太るという事実
第1章 ダイエットが成功する3つの心理条件
第2章 食心理学で「食べたい」を制する
第3章 ダイエットが続く、この心理学!


広告を非表示にする