読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝間式 黄金の時間の5原則とは!?『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』勝間 和代

☆内容紹介☆
著者は19才で公認会計士二次試験に史上最年少合格、その後もフルタイムの仕事と3人の子育てをしながらファイナンスMBAほか数々の資格を取得──等々のすごい成果を出し続けていますが、案外余裕のある毎日です。毎日精一杯のスケジュールでは、長期に渡って成果を出し続けることはできません。そのためには、やることを絞って、ゆったりとしたスケジュールで、自分自身に投資し続けるのがコツだと本書は教えてくれています。
Amazonより

今回は、勝間 和代の本『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』から勝間式 黄金の時間の5原則を紹介します。

1:時間をつくるためには、あらゆる面の投資を惜しまない

時間を増やす投資には「手帳・自転車・パソコンなどの道具」「スポーツクラブなどでの体力づくり」「生活習慣の変化」「書籍などからの知識」「プロのサービス」などがあります。

どんなにお金持ちでも、時間は増やせない。時間はみんなに平等に与えられてるものだ。だけど、お金の力で未来にかかる時間を短縮できる。

2:単位時間あたりの成果に固執する

自分の時給を知っておき、一時間あたりの成果や価格と比較する習慣をつけましょう。

長く働いてたくさん稼ぐ人より、短く働いてたくさん稼ぐ人の方がカックイイしな。

3:必要以上に「いい人」にならない

時間管理のできる人に「いい人」はいません。依頼や誘いを断る勇気が必要です。

断る勇気です。

4:やりたくて、得意で、もうかることを優先する

成果を出しやすいことに集中するほうが、時間効率も時給も上げやすくなります。

成果も大事だけど、おもしろさも非常に重要だ

5:スケジュールはゆったりわがままに設定する

一日に集中できるのは八〜十時間、エネルギーを注げる仕事は二つ〜三つまでです。目一杯のスケジュールで、成果を出し続けることはできません。かえって周囲に迷惑をかけることにもなります。

海外旅行でも、そうだけど予定をキツキツに入れて行動している人って「うわぁ海外旅行慣れてないな」と思うけど、ゆったり午前中過ごして、午後観光するといった旅行をしている人の方が慣れてるからな。

出来るやつはゆとりを作っているんです。


☆目次☆
【第1章】なぜ時間管理はうまくいかないのか
【第2章】なぜ新しい行動は続かないのか
【第3章】勝間式「黄金の時間の5原則」
【第4章】黄金の時間を増やすための5つのステップ
【第5章】実践ケーススタディー①時間効率10倍アップを目指して手帳を使いこなす
【第6章】実践ケーススタディー②勝間式時間投資法〜ある夏の一週間のスケジュール