読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強のコミュニケーション本『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』鈴木あきえ

今回は鈴木あきえさんの本『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』という最強のコミュニケーション本に出会ったので、紹介します!

なぜ読もうと思ったのか?


 先に言っておくと、ぼくはコミュニケーションが苦手ではないです。基本誰ともでも話せます笑

 ただし、「お前、鈴木あきえさんよりコミュニケーションあるの?」って言われたら、月とスッポンほど違うのは自覚しています。

 でも、コミュニケーション能力ってあげれるものなのか?っという疑問があるかもしれないが、コミュニケーション能力も勉学のように、学ぶことができる。

 この本を読めばわかるが、鈴木あきえさんは元々「人見知り」だった。でも努力によって今のコミュニケーションの神様のような人物、鈴木あきえさんが出来上がった。

 なら、鈴木あきえさんのように努力すれば、コミュニケーション能力は上がるはずだと確信し読み始めました。
 

やることリスト

本を読んでやることリストを作っておきました。実践した内容は、他の記事で書いていきます。

◻自分のキャッチフレーズを20個書く
自分のキャッチフレーズを20個書けますか? - ALLライフハック

◻会う前に、相手のSNSを見て話題を考えておく
会話力を上げるには事前準備だ!!! - ALLライフハック

◻「ほんのひと言」が会話を弾ませる

◻ 気になる言葉に出会うたび、メモをとる

◻「たとえトレーニング」してみる

◻ムダのない丁寧な無駄づかいをする

◻もやもやしたらノートに書き出す

◻何度も人の名前を口に出す
これで人の名前はもう忘れない!!『「名前が出ない」がピタッとなくなる覚え方』宇都出 雅巳 - ALLライフハック

◻アドバイスをもらうのではなく相談する

◻また会いたいを大げさに伝える

◻滑ったときのフォローの言葉を考える

まとめ・感想・書評など

 
 やはり「王様のブランチ」リポーター歴10年はすごい!まずはかなり努力家だ。パッとみると、色々な有名人と買い物できて楽しそうでいいな〜っと思いそうだが、「人とコミュニケーションとるのにここまで考えているのか!」とかなり驚いた。
 
 コミュニケーション能力をあげるには、毎日の練習が大切だ。そのために「やることリスト」を作ったので、これからPDCAサイクルを回しながら、ぼくのコミュニケーション能力をあげていきます。

本の詳細

☆内容紹介(Amazonより)☆
「王様のブランチ」(TBS系列)のリポーターとして10年。
アイドルやお笑い芸人、女優、
芸能界の大御所にいたるまで、
初共演のゲストと軽妙なトークを繰り広げてきた著者が、
どんな相手とでも楽しく会話し、
場の雰囲気をよくするためのコツを解説します。

初対面の人と会うとき、すごく緊張する
人見知りで、人とうちとけるのが苦手
会話が続かなくて気まずい思いをしてばかり
自己紹介が苦手。出会いの場がおっくう
ここぞという場面であがってしまって、うまく話せない……
そんな人にこそ読んでもらいたい、超実践的な会話テクニックが満載です。

初対面で話すことに困ったとき
→自己紹介にキャッチフレーズをプラス
答えづらい質問をされたとき
→「彼氏いるの?」への、あきえ的対処法
ジョークがスベってシーンとしたとき
→「今のキャンセルでお願いします」で空気がほぐれる
会話がうまく続かないとき
→言葉に詰まったら実況中継

デビュー当初のロケ失敗談などを交えつつ、
相手に喜んでもらえる話し方や、
和やかな場を作るために意識すべきことを紹介します。
「王様のブランチ」で10年共演した谷原章介さん、
放送作家の鶴間政行さん、
プロデューサーの高橋一晃さんのインタビューも必見です!

☆目次☆
【第1章】初対面ですぐうちとけるコツ
【第2章】会話を盛り上げる話し方のコツ
【第3章】ピンチを乗り切るコツ
【第4章】勝負どころで決めるコツ
【第5章】また会いたいと言われるコツ
【第6章】凹んだときに浮上するコツ