読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

既成概念をぶっ飛ばせ!『自由人3.0』林田真一 田辺洋平

今回は、林田真一さんと田辺洋平さんの本『自由人3.0』から既成概念のぶっ飛ばし方を紹介します。

①ないやる

人生を変える3大変化は、〈引越し〉〈転職〉〈付き合う人を変える〉です。昨日、普段やったことがないことを1個でもやった人は、間違いなく人生が変わります。もしも、テトリスが、同じ正方形しか落ちてこないゲームだったとしてもやりますか?ただ同じことを繰り返すだけの安定した日々を抜け出し、不安定な”ないやる”を選択すると人生は自由に向かい変化していくのです。

今の自分を変えたいなら、何かを変えないといけない。だから、今までやってきてないことをやることが大切です。

②類は友を呼ぶ

億万長者の輪の中に居続ければ、億万長者になれるということです。成功するコツは「人生の成功者の輪に入り”続ける”こと」です。どんな辛いことがあっても一貫性を持って輪に入り続けることが出来れば、あなたはメトロノームように同期していきます。

人は環境の変化の影響を、あなたが思った以上にうけています。

③ “重要度が高いこと”からやること

とある大学で 、面白い授業がありました 。


教授が教壇の上に大きな壺を置き 、大きな石を壺いっぱいに詰め込むと 、学生に 「壺は 、いっぱいになっただろうか ? 」と問いかけました


次に 、その壺に砂利をいっぱいに入れて 、再び 「壺は 、いっぱいになっただろうか ? 」と問いかけました


さらに砂を取り出し 、砂で壺を満たすと 、教授は再び 「この壺は 、いっぱいになっただろうか ? 」と学生に問いかけ、最後に水を入れました。


石でいっぱいになった壺に 、砂は入らなくても、水であれば入ります。


壺いっぱいに水を入れると 、教授は 「私が本当にいいたかったのは “人生の優先順位 ”だ 。この壺は人生だ 。物事には優先順位がある 。大きなこと ( =重要なこと )から順にやらないと 、後からはやりたくてもやれなくなる 」と言いました。


砂や水で満たした後では 、大きな石を入れようとしても入れられません。物事には、正しい順番があるのです。


あなたにとって 、大きな石にあたることは何でしょうか?


緊急度が高いことからではなく、“重要度が高いこと”からやることが大切です。


「この作業は人生を変えるのか?」と毎回問いを立てると、重要度が高い石から人生の壺に入れることができます 。

「まぁ今はこれやらないといけないから」っと言っていたら、人生はすぐ終わっちまうぜ。

まとめ・感想・書評

人と同じことをやって成功できるわけがない。
大衆は常に間違っています。人から何か言われても自分を信じてやり抜く力が大切です。

本の詳細

☆内容紹介☆ Amazonより
既成概念をぶっ飛ばすし、経済的にも精神的にも自立した、自由な生き方を実現させる具体的な方法と豊富なヒントを提供する人生の指南書。自由とは何か?

自由に生きるにはどうしたらいいか?

実社会を冷静に見極める目と知識と、メンター、ライフハック、マイノリティ、ノマドなどのこれからの社会を生き抜く方法を紹介。若いころから自力で事業を立ち上げ、豊かな収入を土台に、世界と地球とたくさんの人々と関わってきたカリスマ著者が、一度きりの人生を後悔なく「自分らしく生きてほしい」という切なる願いから、自由な生き方を求め彷徨っている若者のために書き下ろした、今を知り、未来を面白くする1冊。

「私たちは日本人である前に、地球で生まれた地球人です。母なる地球を感じ、誰かのお役に立ちながら、最高の今世を、共に自由に謳歌していきましょう」という著者の呼びかけで、今、自由な生き方とライフスタイルを実現している「自由人」21人のインタビューも収録。

あなたを劇的に変える、魂の一冊

☆目次☆
【第1章】自由
【第2章】これからの日本
【第3章】ライフハック
【第4章】自由人マニュアル
【第5章】偉人からの教え
【第6章】ツール
【第7章】世界を見に行こう
【第8章】People