読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1週間だけ限界突破!!!『HELL WEEK(ヘルウィーク) 最速で「ダントツ」に変わる7日間レッスン』エリック・ベルトランド・ラーセン (著), 鹿田昌美 (翻訳)



今回はエリック・ベルトランド・ラーセンさんの本『HELL WEEK(ヘルウィーク) 最速で「ダントツ」に変わる7日間レッスン』を紹介します。


ヘルウィークとは?


 そもそもヘルウィークとは、「地獄の一週間」のこと。これはアメリカ特殊部隊が、5日間にわたり、ほぼ不眠、不休でキツイ訓練をするというもの。


matome.naver.jp



 ただし、こんなキツい訓練をやれ!っということではない。1週間全力で過ごせばいいだけ。どんな1週間かというと下にあるような一週間だ。


月曜日 習慣
火曜日 モードとフォーカス
水曜日 時間管理
木曜日 コンフォートゾーンを出る
金曜日 休息と回復
土曜日 心のつぶやき
日曜日 人生を俯瞰で見る


 
 月曜日から日曜日までやるテーマがあり、それをこなしていく。


 なぜ1週間だけやるのかというと、めっちゃキツいことをすれば、それからの人生ちょっとキツいことでも楽に感じるかよな!っということ。


 確かにそれはある。


 例えば、ぼくはフルマラソン走ったあとは、「うわぁキツすぎだろ。これ。もう走れない。」となった。


 しかし、その後100キロマラソンを走ってみた。そしたら、自分の限界を越えることができて、次フルマラソン走ったときは、「えっこれでもう終わり!?」となることができた。


この本を読んでこれからやること


 ぶっちぇけこの本に書かれていることは、だいたい普段から実践している。(徹夜するは除いて)


 だけど、3つほどやっていなかったことがあった。それをこれから実践していく。

①毎朝、自分自身に問う

 ベットから起きたい気分になるために、無理やりポジティブな方向に意識をむけることが大切とのこと。

 そうなるには自分に質問する。質問しれば、脳は常に質問の答えを探してくれる。

 どんな質問をするかというと以下のようなものだ。



「今日の私が楽しみにしていることは?」

「自分の夢は?」

「自分の目標は?」

「ライバルは今日どんなことをするだろうか?」

「ライバルに勝つには今日どんな1日を過ごすべきか?」


 ちなみにぼくは、ドイツの文豪ゲーテの「ファウスト」で書かれていることを読むことにした。先延ばしをしないために自分に問いかける

今日の1日をだらだらと過ごせば、明日も同じ繰り返しになる。
 
しかも、明日はそれがますますひどくなる

一つひとつの先延ばしがさらに遅れをもたらし

無駄にした日々を悔やむことで、また時間を無駄にする

あなたは、真剣に生きているだろうか?いまこの時間を大切にせよ

勇気をもって行動してこそ、才能と力が生まれる

ものごとを実行してはじめて、頭脳が活発に動く

取りかかるのだ。そうすれば、課題は完了する!

これ読んだら、ぼくはベットから「うあぁぁぁ!!」って飛べだしたくなります笑


②やることを書き出す


どのタスクがあるのか頭ではなく紙に書き出す

Todoリストに書くようにしているが、抜けが発生することがある。

だから土曜日の朝に紙に書き出して月曜日前に、そのやることリストを片付ける。

③月間プランを立てる時間を予定にいれる


月や年で計画を立てていない。。。

1日1日の目標も大切だけど、年単位・月単位で計画を練ようっと。

第四日曜日の朝に計画を立てる!

④年間プランを最低月に一度は見返す


年間プランをまずは立てることから始めるけど、立てたら立てたで終わらせないで、PDCAを回すことをしないと意味ない。

これも第四日曜日の朝に見直すか。

著名人の名言が随所に散りばめられている


本の中に、たくさんの著名人の名言が随所に散りばめられていた。